栃木では今、注文住宅を依頼する人が殺到しているという噂がありますが、果たして本当でしょうか

HOME>オススメ情報>なぜ栃木では注文住宅を依頼する人が殺到しているの?

自分の理想の住宅

自分の理想通りの家を建てたいなら断然注文住宅がおすすめ。自分の理想を全て注文住宅なら叶える事が出来る為、注文住宅を選ぶ人が増えています。

注文住宅を建てるには

デザインを決めましょう

まずは自分がどんな家に住みたいのか、家族と一緒にデザインを決めましょう。

資金の計画を建てましょう

資金の計画をしっかりと立てて、返済するときに負担にならない支払い計画を立てましょう。

住む土地をきめましょう

周辺の環境などを調べたうえで、どの土地がいいかしっかりと下見をしてから選びましょう。

依頼する施工業者を決めます

依頼をする施工業者を決めます。これから家を建てる上でこの施工業者選びは重要になります。

後は家の完成を待つだけです

全てを施工業者へ任せたら、後は家が完成するのを待つだけです。

数々の魅力を備える木造軸組工法

住宅模型とグラフ

家の建て方は主に4種類あり、各工法で特徴が全く異なるため、希望に合った注文住宅を栃木で建てるためにも、それぞれの特色を把握しておくのがベターです。先ず、木造軸組という工法ですが、これは垂直方向と水平方向に柱や梁を組み、筋交いといった斜め方向にも木材を組んで家を支えます。そして、横方向に対する力に強い耐力壁を効果的に設置することで、地震や台風に対する抵抗力を高められるのが特徴です。また工期は比較的短く、建築費用も低コストであり、設計に対する自由度も高くなっています。

ツーバイフォー工法とプレハブ工法の特色

男女

ツーバイフォー工法は壁や床、それに天井を面として組み上げて家を支える建築方法で、栃木の注文住宅でもポピュラーなスタイルです。木材同士の隙間がそれほどないため気密性に優れており、耐震性も高いのが特徴となっています。柱も木造軸組工法ほど多くないので、宅内空間を構築しやすい工法でもあるのです。それらの工法に対し、プレハブ工法は工場にて建材を仕上げ、後はそれを建築現場に運んで組み上げていきます。既に工場で多くの作業が済んでいますから、建築期間も短いのがポイントです。プレハブ工法にも木質タイプや鉄骨タイプ、ならびにコンクリートタイプなどがあり、個々で違った特性を持っています。

強度が自慢のRC造

住宅模型

RC造は鉄筋コンクリート造のことですが、ほかの工法と比べて強度が高く、住まいの寿命も長いのが魅力です。以前はマンションやビルなどの建築に採用されることが殆どだったものの、現在ではその耐久力やデザイン性などから、栃木の注文住宅でも注目を集めています。

広告募集中