HOME » 高田先生の紹介

【高田止戈プロフィール】 
 高田バレエスタジオ主宰

1952年 3月 神奈川県立湘南高等学校卒業
1952年 4月 俳優座演劇研究所付属俳優養成所に入所。
1953年 5月 横山はるひバレエ団に入団。
ソリストとして全公演に出演。
1956年 3月 俳優養成所を卒所。
1960年 6月 チャイコフスキィ記念東京バレエ学校に入学。
バルラーモフ氏に師事。
1962年    横山はるひバレエ団を退団。
チャイコフスキィ記念東京バレエ学校を退学。
1962年 5月 谷桃子バレエ団に入団。
「白鳥の湖」「ジゼル」「リゼット」
「レ・シルフィード」等の主役を踊る。
1970年 6月 谷桃子バレエ団第一回アトリエ公演で
「遊戯」を振付、NHKTVにても放映。
1972年 10月 文化庁芸術祭主催日本バレエ協会公演
「幻想交響曲」に主演。
1975年 11月 バレエ団えぽっく第九回公演で「砂」を振付。
1976年 5月 社団法人日本バレエ協会常務理事に任命される。
その後常務理事を歴任。
1979年 5月 アメリカンバレエシアタースクールにて
約1ヶ月間研修。
1981年 9月 高田バレエスタジオを渋谷に開設。
1985年 3月 谷桃子バレエ団アトリエ公演で
「コンチェルト10の6」を振付。
1986年 3月 日本バレエ協会全国合同バレエの夕べにて
交響曲「イタリア」を振付。
1990年    高田バレエスタジオを等々力に移転。
高田バレエスクールを神奈川県茅ケ崎市に開設。
現在に至る。
1991年    谷桃子バレエ団を退団。
2000年 5月 社団法人日本バレエ協会理事に再任される。